海の趣味 vs 山の趣味 やってみたいのはどっち?

  • 2017.07.03 Monday
  • 08:35

海の趣味 vs 山の趣味 やってみたいのはどっち?

 

やってみたい というより

“復活” したいのは絶対に “海” です!!

 

僕は30歳で結婚するまでは年がら年中

海で遊んでいました!

20歳の時にウィンドサーフィンを始めたんですが

初心者の頃は夏だけ(風が吹かない時期)で

超弱風でもボードが前に進んだら楽しかったんですけど

ある程度乗れるようになったらやはり強風が・・・・・・・・・・・

欲しくなるんですね―!

 

僕の住む香川県は日本一風が吹かない土地なので(?)

台風とか冬場(一年の中では風が強い)が最高に楽しいんです!!

 

ちなみに3回どうしようもない強風に流されて

瀬戸内海のモクズ になりかけました(今では<(笑)>)(当時は必死)

 

命がけの最高に気持ちのいいウィンドサーフィンでした!!(笑)

 

あと夏場の風が吹かない面白くない時期用に

マリンジェットを買って

瀬戸内海を走り回っていましたねー。

 

給料はぜーんぶ 海のおもちゃに消えていました!!(今となってはバカ)

 

今僕は 弱冠53歳の青春ど真ん中なので(笑)

今一度 あのころに戻ってみたいです!!(今度流されたら命が………!?)(爆)

 


 

七福神を考えてみました。

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 07:19

こんにちは!橋本克己です。

 

今回 讃岐七福神をご紹介して

 

自分なりに感じたことを書いてみます。

 

今までは(恥ずかしながら)七福神とは

 

完全に日本神道の神様だと思っておりました。

 

実在した人間だったのは<布袋福神>(唐の時代)

 

<大黒天><毘沙門天><弁財天><吉祥天>はインドのヒンズー教の神からの進化。

 

<南極福神>は道教の神。

 

唯一 日本神道由来の神である<恵比寿神>。

 

ただの趣味(原付バイクツーリング)から始まったお参りで

 

普段何も考えていなかったことが勉強できました!

 

出身の違う七神がインド、中国、日本へと移動して

 

また長い長い時間をかけて神道と仏教が融合してきました。

 

人間の考え方1つで複雑に進化しているのが

 

なんとも不思議で面白い事だと感じました。

 

全ては我々人間が「心のよりどころ」

 

を追求した結果 現在の形になっているのは間違いないようです。

 

また地方によっても七福神に対する考えが大きく違う事も知ることができて

 

少しは賢くなった(何も知らなかった)僕です。

 

                 おしまい。

讃岐七福神 第7回目 延命院

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 17:32

こんにちは!橋本克己です。

 

最終回の今日は豊中町上高野にある

 

<延命院>さんです。

 

こちらには毘沙門天さんが祭られています。

 

 

こちらは三豊平野が一望できる小高い丘にあり

 

広い敷地でゆったりとした庭園のような雰囲気のお寺です。

 

菅原道真公による讃岐の国が栄えるように

 

<一>(漢数字の1です)の字 が奉納されて

 

<一>の字が刻まれた石碑があります。

 

 

この<一>の字に手を当てて1つだけ願いをかければ

 

思いが叶うそうでお参りするたびに手を当てるのですが

 

邪心の多い僕はお願い事が多くて(困ったもんだ!)

 

神様も聞く耳持ってくれません!(汗)

 

全て自分が悪いのはよくよくわかっているので(すいません)

 

お参りを重ねて清い心の人間になろう! と誓う僕です。(笑)

 

またこちらでは永代供養をしてくれるお寺さんで

 

自分のお墓はいらないと考えているので

 

相談してみようかな~ とも考えています。

 

 

こちらの<毘沙門天>ですが

 

甲冑をつけた姿が多く見られるので「武神」のイメージが強かったのですが

 

「財福の神」「無病息災の神」という一面もあるそうです。

 

また四天王に一尊として造像安置する場合は「多聞天」

 

独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」

 

と呼ぶのが通例だそうです。

 

あと室町時代末期には日本独自の信仰として七福神の一尊とされ

 

江戸時代以降は特に勝負事に利益ありとして崇められたそうです。

 

                       おしまい。

讃岐七福神 第6回目 密蔵寺

  • 2017.05.08 Monday
  • 06:50

こんにちは!橋本克己です。

 

第6回目のきょうは財田町財田中にある

 

<密蔵寺>さんです。

 

こちらには<南極福神>さんが祭られているのですが

 

すいません!知りませんでした!!!

 

調べてみましたら<南極福神>とは

 

道教の神で南極星の化身の南極老人。白髪明神とされることもあるそうです。

 

これまた知らなかったのですが

 

同じ七福神で<福禄寿>と同一神とされることもあるそうです。

 

日本人として恥ずかしながら知らないことが多すぎます。(反省!)

 

 

こちらのお寺は山の中のこじんまりとしたお寺です。

 

本堂も小さいですが仏様は立派で華やかな感想です。

 

 

説明文がないので正確にはわかりませんが

 

かなり古い建築のお寺さんのようです。

 

 

一休さんがいそう?な雰囲気のお寺でもあります。

 

勝手な感想ですが7寺の中では

 

一番地元の人に親しまれているような感じがするお寺さんでした。

 

                     おしまい。

 

讃岐七福神 第5回目 萩原寺

  • 2017.05.06 Saturday
  • 07:16

こんにちは!橋本克己です。

 

第5回目のきょうは大野原町萩原にある

 

<萩原寺>をご紹介します。

 

こちらには弁財天がお祭りされています。

 

このお寺は讃岐山脈の山の中にあり

 

広い敷地に坂(階段)がいっぱいの

 

お参りするにはなかなか手ごわい?(笑)

 

お寺さんです。

 

   ←本堂です

 

この本堂は弘法大師 空海の開基とされて

 

お遍路さんも大勢お参りされている有名なお寺です。

 

また<萩寺>としても有名で

 

毎年9月中ごろから末まで2000株の萩の花が咲き乱れ

 

花の気持ちが全く分からない僕でも(すいません)(笑)

 

「お見事!!!」と唸ってしまう景色が見られます。

 

こちらのお堂には大黒様がお祭りされているのですが

 

こちらは<弁財天>のお寺のはず・・・・?

 

あとで調べましたら室町時代に

 

大黒天、毘沙門天、弁財天の三尊が合一した三面大黒天の像を

 

天台宗の開祖 最澄が祭ったという伝承があり

 

その流れで現在に至る とのことです。

 

でも素直な感想ですけど

 

「勝手に合体させるんじゃないでー!!」(怒り)

 

僕が弁財天だったらこういうでしょう(笑)

 

器の小さい僕と違ってやっぱり大きな心をお持ちなんでしょうね〜!!

 

「おまえと私を比べるんやないでー!!あほちゃうか?」とシカラレソウデス(笑)

 

しかし一般的に日本では幸せの神様とか

 

福を運んでくれる神様とかいわれていますが

 

発祥のインド ヒンズー教では

 

8本の腕に武器を持つ鎮護国家の軍神だったそうです!

 

                  おしまい。

 

 

讃岐七福神 第4回目 宗林寺

  • 2017.05.05 Friday
  • 07:31

今回も燃費抜群、元気いっぱいの

 

原付バイクの銀ちゃんでお参りに行きました。

 

きょうは恵比寿さまをお祭りしている

 

豊浜町和田浜にある<宗林寺>さんのご紹介です。

 

 

非常に立派な山門です。

 

広い平地のお寺でなんだか凄く

 

時間がたつのがゆっくりと感じられる

 

不思議な感覚が味わえる場所です。

 

どちらのお寺さんでもそうですが

 

自分は今<イヤサレチ>

 

に立っているんだな―

 

と心が癒されて凄く落ち着いた気持ちになります。

 

こちらのお寺には

 

鎌倉時代 2度の元寇の際 執権北条時宗の命により

 

敵国降伏の祈願を命じたそうです。

 

この時 宗林寺の沙門法覚が書写した経文が保管されているそうです。

 

長い歴史です!

 

そしてなにより こちらのお寺に入ってすぐに目にはいるのが

 

背丈3〜4メートルはある平和観音様の石像です!

 

 

観音様に手を合わせて目をあけると

 

「背伸びせずに自分のペースで生きて行きなさいよ!」

 

と 言われている感覚になるのが不思議です。

 

人間界でいう<上から目線>はまったく感じられず

 

弱い自分を思いっきり出してもいいような

 

穏やかな自分になれるのが不思議です。

 

こちらにお祭りされている<恵比寿さん>ですが

 

一般的には 商売繁盛の神様として知られているかと思います。

 

今回初めて知ったのが

 

恵比寿様は日本の神で、七福神の一員として

 

日本古来の唯一(そのほかはインドや中国由来)の神だそうです。

 

それと恵比寿様自体が<大漁旗>として使われるなど

 

<漁業神>であるそうです。(そういわれれば・・・・。知らなかったです。)

 

日本各地の漁村ではイルカやクジラやジンベイザメなどを<えびす>と呼び

 

現在でも<漁業神>としてお祭りする地域が多数あるそうです。

 

                        おしまい。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

JUGEM PLUS

こだわりブログをつくるなら【JUGEM PLUS】!
JUGEM PLUSなら月々300円(税抜)で、高機能・フルカスタマイズ対応のブログをご利用 いただけます。
アクセス制限や広告非表示、ケータイ連動など、様々な場面で活

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM