七福神を考えてみました。

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 07:19

こんにちは!橋本克己です。

 

今回 讃岐七福神をご紹介して

 

自分なりに感じたことを書いてみます。

 

今までは(恥ずかしながら)七福神とは

 

完全に日本神道の神様だと思っておりました。

 

実在した人間だったのは<布袋福神>(唐の時代)

 

<大黒天><毘沙門天><弁財天><吉祥天>はインドのヒンズー教の神からの進化。

 

<南極福神>は道教の神。

 

唯一 日本神道由来の神である<恵比寿神>。

 

ただの趣味(原付バイクツーリング)から始まったお参りで

 

普段何も考えていなかったことが勉強できました!

 

出身の違う七神がインド、中国、日本へと移動して

 

また長い長い時間をかけて神道と仏教が融合してきました。

 

人間の考え方1つで複雑に進化しているのが

 

なんとも不思議で面白い事だと感じました。

 

全ては我々人間が「心のよりどころ」

 

を追求した結果 現在の形になっているのは間違いないようです。

 

また地方によっても七福神に対する考えが大きく違う事も知ることができて

 

少しは賢くなった(何も知らなかった)僕です。

 

                 おしまい。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

JUGEM PLUS

こだわりブログをつくるなら【JUGEM PLUS】!
JUGEM PLUSなら月々300円(税抜)で、高機能・フルカスタマイズ対応のブログをご利用 いただけます。
アクセス制限や広告非表示、ケータイ連動など、様々な場面で活

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM